プーケット人になってしまった僕の娘🍌

家族3人で楽しむ南国生活日記♬

MENU

シンガポールといえば、オーチャード通り

オーチャード通りはシンガポール旅行には欠かせない場所の一つです。
毎回シンガポールに訪れる度にシンガポールはオシャレで良いなと歩く場所の一つです。日本でいうと表参道的な場所です。

f:id:rakbaimai2:20180101212913j:plain

シンガポールでショッピングといえばまずここに来ればないものはないでしょう。日系企業が多数進出するシンガポールなので、日系のデパートやお店も数々そろいます。プーケットには日系ものが少ないので、物珍しく、刺激的です。

スポンサーサイトリンク


オーチャード通りへのアクセスはMRTのオーチャード通りで下車となります。オーチャード通りを東方面へ歩くと、サマセット駅が出てきます。MRT1区間はあっという間の距離ですので簡単に歩けます。我が家はシャングリラシンガポールに宿泊しましたが、帰りはあえてサマセットで降りてずっとシャングリラのある西方面へ散歩をしながらオーチャード通りを歩きました。

f:id:rakbaimai2:20180101213013j:plain

オーチャード通りには高島屋、パラゴン、ION、セントラルと大手のデパートが終結しています。ホテルもたくさんありますので、やはりこのエリアでショッピングをお考えでしたら、このエリアに宿泊すると便利です。

f:id:rakbaimai2:20180101213403j:plain

昔からのお気に入りは高島屋内にある紀伊国屋です。和書を取り扱う店舗なので、ありがたい書店です。いわゆる日本の本屋さんという雰囲気があり、何時間いても飽きない場所です。日本の書籍を英訳したものも多数あり、漫画などお土産にするのも面白いですね。気になる価格は日本で購入するよりも断然高いです。

f:id:rakbaimai2:20180101213117j:plain

313@Somerset内には東急ハンズもあります。日本と比べ小規模ではありますが、ショッピングというと思わず立ち寄ってしまう場所です。プーケットでは絶対に変えない品ばかりで、ついつい日本製を探す旅になってしまいます。

シンガポール旅行に来たからには日本で購入できない、シンガポールならではの物を購入したいですよね?

まず、オーチャード通りに来れば高級ブランドからローカルなファッションブランドまで一通りそろっています。日本では購入できないお店も数多くあります。チャールズ&キースはシンガポール発祥の靴ブランドですが、現在は東南アジア、日本を含めて展開しています。安さと使いやすいさが人気の秘訣です。

f:id:rakbaimai2:20180101213203j:plain

その他、カジュアルテイストのRubiや、メンズも人気のPedooなど、シンガポールは靴屋さんの種類が豊富でこれまたお手頃なのが嬉しいです。東南アジアに進出する人気のカジュアルショップ、Pull&Bearや、Cotton Onもおススメです。カジュアルショップの定番ですので、お土産として是非いかがでしょうか?

f:id:rakbaimai2:20180101213257j:plain

免税品購入といえばDFSですよね。IONのすぐ近くにあり、免税品のほか、シンガポールの民族衣装であるシンガポール航空の制服も購入できます。デパート内のブティックでも免税手続きは行えますので、ある一定額の金額を超えた場合は免税手続きをしますと大変お得になります。免税手続きを考えると一つのデパートでまとめて買い物した方が楽ですが、ぶらぶら街歩きするのがオーチャード通りの楽しみ方の一つかと思います。

表参道同様、道路沿いのカフェで休憩しながら街歩きはいかがですか?

phuketbaimai.hatenablog.com

phuketbaimai.hatenablog.com

phuketbaimai.hatenablog.com

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人