プーケット人になってしまった僕の娘🍌

家族3人で楽しむ南国生活日記♬

MENU

ピンクのガネーシャに会いにいく!

f:id:rakbaimai2:20180301231249j:plain
2017年12月バンコク旅行

夢を叶える象ですっかり惹かれたガネーシャに会ってきました。ガネーシャって本来はインド(ヒンズー教)の神様ですが、ここタイランドでもよく見かけます。

なんでだろう?と思いますが、元来大陸はつながっていたということでインドとの交流のため、ヒンズーの神様がタイの仏教では混同しているのだそうです。

f:id:rakbaimai2:20180301233742j:plain
ガネーシャ観光・バンコク

いいとこどりは良い考えですよね。僕も好きです。そもそも仏教徒と言っていいの?というほど宗教にうとい僕ですが、ガネーシャだけは別です!

どうしてもピンクの巨大ガネーシャに会いたくて、バンコクより車で2時間のチャチュンサオへ行ってきました。

交通手段

電車+ソンテウや、ミニバス+ソンテウなどの公共交通手段があるようですが、子連れであること、確実に戻ってこれるよう、今回はホテルからタクシーをチャーターしました。

ホテルのコンシェルジュに相談すると、往復チャーター1800Bで手配が完了。所要時間は往復で5,6時間ということです。

スポンサーサイトリンク


そして狙い目は交通渋滞の少ない土日です。とはいえ、スクンビット周辺は非常に混雑していました。

バンコク市内から高速道路を利用して、走ること約1時間半強、田舎町に突如現れたワット・サマーンラッタ-ナーラームに到着しました。

ワット・サマーンラッタナーラーム

長い名前のこちらのお寺にガネーシャがいます。お寺自体はタイの仏教寺院です。ローカルなお寺なのでもちろん入場料は無料です。駐車場も無料でした。

f:id:rakbaimai2:20180301231454j:plain
バンコク旅行

田舎町の大きな寺院で町全体のランドマークになっています。雰囲気は超がつくほどローカル色が強く、タイ国内各地からのタイ人旅行者がメインの観光客です。

タイ人が好む、お祭りのような市場が開催され、観光名産品も売られていて毎日が縁日のような雰囲気です。

f:id:rakbaimai2:20180301231536j:plain
バンコク観光スポット

しかし、巨大ガネーシャのお蔭で日本人はじめ、外国人も訪れるのは事実、土曜日ということで大手旅行会社のツアーが企画されていたのか、日本人観光客を数組見ました。

皆さん手にはガネーシャの置物のお土産です。日本からこのガネーシャを目的で海外旅行をするほど、ガネーシャには何か惹きつけられるものがあります!!

f:id:rakbaimai2:20180301231610j:plain
人気の観光スポット「ピンクガネーシャ

ガネーシャ以外の仏像や大きな銅鑼などもあり、川沿いに面しているため、川の上にも仏像がぎっしりと並んでいます。

ドラえもんやアニメの置物があり、正直よくわからない寺院なのですが、その中でもどでかいピンクのガネーシャは異色を放っています。

やっと会えた、憧れのピンクの象さん

巨大なガネーシャは川を眺めるように横たわっています。ピンクという異色の象の像なので、遠くからもバッチリ目立ちます。

f:id:rakbaimai2:20180301231851j:plain
憧れのピンクガネーシャ

ガネーシャの土台にも小さなガネーシャがいっぱい。っと思うと、ドライバーさんも真剣にお願いごとをしているではありませんか!ガネーシャの土台の周りに数十体のミニサイズガネーシャがいます。

f:id:rakbaimai2:20180301232024j:plain
色鮮やか

ガネーシャが大きすぎるので、小さく見えますが、このガネーシャたちだって立派!

f:id:rakbaimai2:20180301232106j:plain
2017年12月家族旅行・バンコク

それぞれが違った姿、色をしていて、一体一体にお賽銭ボックスが備え付けてあります。タイの寺院ではよくある、小銭を一体一体に入れてお祈りをします。

スポンサーサイトリンク


ドライバーさんのお祈り方法を見ると、一体一体象の鼻を触って祈りをささげ、お賽銭です。我々もタイ人風に一体一体丁寧にお祈りをしました。

f:id:rakbaimai2:20180301232216j:plain
ピンクガネーシャ見学

なんといってもこちらのガネーシャオールマイティーな願い事に対応しているとのことです。すべての障害を取り除いてくれるなんて最高の神様ではありませんか!

ガネーシャの周りにはネズミ像がいっぱい!

ガネーシャと言えばネズミがつきものだそうです。ネズミはガネーシャの子分です。先ほどはミニガネーシャに願い事をしましたが、本来ガネーシャの子分である、ネズミ像に願い事をお願いするのが大切だそうです。

f:id:rakbaimai2:20180301232319j:plain
ネズミに囁く

ネズミの周りには常にタイ人がいっぱい!みんなネズミの耳にささやいています。これも色々な言い習わしがあり、自分の生まれた曜日の色のネズミに願い事をするそうです。

f:id:rakbaimai2:20180301232903j:plain
ネズミに家族でお願いこと

日本人には自分の生まれた日の曜日?そんなのわからない!となじみがありませんが、タイでは曜日によって色が決められていて自分の生まれた曜日の色はまさに自分カラーというほどなじみがあります。

f:id:rakbaimai2:20180301232417j:plain
ネズミにお願い事

このネズミの色情報はお願いした際には知らず、後日知りました。残念!ガネーシャガネーシャといいつつ、願い事の方法をしっかり知らなかったのです! 

このピンクのガネーシャへのお願いごとは通常のお願いよりも3倍速で叶うというと言われているので、自分の生まれた曜日&色は必ず事前に調べる必要があるでしょう。

あなたの生まれた日は何曜日?何色?

下記が曜日ごとの色となります。何曜日に生まれたかはインターネットを駆使してご自身で調べてください。

タイの曜日ごとの色
月曜日・・・黄色
火曜日・・・ピンク
水曜日・・・緑色
木曜日・・・オレンジ
金曜日・・・青色
土曜日・・・紫色
日曜日・・・赤色

ちなみにタイガーウッズがなんでいつも最終日に赤シャツを着るか!日曜日だからです!タイ人は本当に曜日ごとの色を大切にします。

お土産は後悔せず

ガネーシャの置物を買うのが最大の目的でもありました。しかし、いろいろな場所にお土産店があり、どれが本物のガネーシャなのか?わからない!

f:id:rakbaimai2:20180301233042j:plain
僕の娘はプーケット

ガネーシャ像の中にもお土産店があり、さらには別の場所には病院の募金(ドネーション)も兼ねてガネーシャが売られていたりと値段もまちまちです。

f:id:rakbaimai2:20180301233407j:plain
バンコク旅行

そもそも、金属や重いのガネーシャを飛行機の荷物として持ち込むことができるのか?というのが最大の争点となりました。

f:id:rakbaimai2:20180301233151j:plain
バンコク旅行2017年12月

6000Bもして預けるのは怖い、だからといって手持ちも拒否されたら、プーケットに運べません。今回は悩んだ挙句、一般的なお手頃ガネーシャを選びました。

そして、次回は是非車を運転して、ガネーシャを運ぼうと誓いました。日本に持ち帰る時って皆さんどうするのでしょうか?預けて荷物に入れ、荷物紛失や、破損したら悲しいですよね。

f:id:rakbaimai2:20180301233513j:plain
ピンクガネーシャ見学

大きな仏像を購入する前に航空会社に先に確認が必要ですね。

まとめ

インターネットで皆さんの意見を調べると、賛否両論のこちらのお寺でしたが、我々にとっては非常に楽しい滞在でした。

f:id:rakbaimai2:20180301233243j:plain
ピンクガネーシャ

ありきたりの観光地と違い、ワット・サマーンラッタナーラームは独自の独特な雰囲気をだすお寺です。多分タイでもここだけと言ってよいほど変わったお寺だと思います。

バンコクの滞在日数が長い方やガネーシャが大好きな方には是非お勧めの観光スポットです。

phuketbaimai.hatenablog.com

phuketbaimai.hatenablog.com

phuketbaimai.hatenablog.com

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人