プーケット人になってしまった僕の娘🍌

家族3人で楽しむ南国生活日記♬

MENU

カオソック国立公園・レイクツアー2日目

f:id:rakbaimai2:20180419002953j:plain
カオソックツアー

カオソックのレイクの朝は本当に清々しいです。
エアコン無しで寝たのは何年ぶりでしょうか?

f:id:rakbaimai2:20180419003132j:plain
レイクで過ごす3日間

エアコン無し、虫除け無しで蚊に刺されずに快適な夜を過ごすことができるのもタイでは珍しい経験です。タイでは多くの場所で蚊に悩まされますからね。

朝はギボンが目覚まし時計

サンクチュアリーの朝はジャングルの中。と言うことで、朝から野鳥の鳴き声が響き渡ります。


2018年4月9日〜11日秘境の地『カオソック』で心のスイッチオフ #phuket #phuketlife #カオソック #スラタニ #国立公園 #湖 #心のスイッチ #オフ #プーケット生活 #プーケット旅行 #プーケット #プーケットしまかぜ案内人 #プーケットインスタグラマー #khaosok #rajjaprabhadam #プーケットツアー #家族 #家族の時間 #癒し #心の癒し #phuket🇹🇭 #🇹🇭 #視察ツアー #視察旅行 #ビジネストリップ #水上コテージ #水上バンガロー

その中でも不思議な鳴き声が!「ホワホワホワホワホワホワ〜」何処かで聞いたことがある声、そう、この声は東南アジアにすむ猿の仲間、ギボンの声です。

プーケットでは保護センターがあるギボンですが、カオソック国立公園内は野生のギボンが多く朝はギボンの鳴き声が響き渡り、ゆっくり寝れる状態ではありません。

小さな猿なのに声の大きさはとにかくでかいのです。おかげで休日なのに日の出前に起きました。

フィッシングで有名なサンクチュアリ

朝起きると、暗闇の中でモゾモゾ動く音が!野生の生き物かと思ったら友人の息子、Natが釣りをしているではありませんか!

f:id:rakbaimai2:20180419003300j:plain
NAT&KONOHA

しかしこんな朝早くに釣れるのでしょうか?魚もまだ寝ているのでは?

このサンクチュアリー一帯は実は知る人ぞ知るフィッシングポイントだそうです。レストランには大物と記念写真がずらりと並んでいました。

f:id:rakbaimai2:20180419003530j:plain
カオソックで過ごす休日

う〜ん、サンクチュアリーにくる少数派の中華系の方は釣り目的にサンクチュアリーに滞在する方が多いようです。

f:id:rakbaimai2:20180419003640j:plain
タイ秘境の地、大冒険ツアー

Natの成果は、1匹も釣れず、残念でした。そんなNatを横目に、大物ナマズを釣り上げるおじさん。

どうやらこのナマズは誰もが羨ましがる大物だそうです。ナマズ雷魚がこのエリアの大物だそうです。

朝食は洋風?

朝目覚めて、レストランに行くと、おばちゃんたちが待ち構えていました。

どうやらクロンヤーバンブーラフトの朝食はツアーの行動&時間に合わせて用意してくれるようです。今食べる?の一言で朝食が開始。

f:id:rakbaimai2:20180419003859j:plain
NAT&KONOHA

目玉焼きにソーセージ、トーストにはちみつと秘境の地で食べる朝食は本当に美味しいです。

f:id:rakbaimai2:20180419003944j:plain
カオソックツアーはしまかぜ案内人

インスタントコーヒーもここで飲むとスペシャルコーヒーに変わりますね。

早朝ツアーに行くゲストもいて朝のツアー後にキャンプに戻って朝食を食べるゲストもいました。

f:id:rakbaimai2:20180419004049j:plain
カオソック国立公園へ行こう

各グループの時間に合わせてくれるなんてなんだかとっても親切なおばさんたちです。

本日もサファリツアーへ

本日は川の水がたまる自然のプールへ行くことにしました。プールまでの道のりはまたまたアニマルウォッチです。

f:id:rakbaimai2:20180419004218j:plain
野生の象

するとバンガローすぐ前に、野生の象が!!ガーンクルワイと言う名前をもつ推定15歳くらいの子象です。

野生動物とはいえ、自然保護区にいる象のため、人間がボートで近づいても逃げません。しかし、やはり野生。近づき過ぎたらやはり危ないそうです。

f:id:rakbaimai2:20180419004427j:plain
友人のアイク

野生動物へのマナーは各自守りましょう。ボートマンが適度な距離で案内してくれるのもカオソックツアーの魅力です。

とはいえ、なぜこのように本格的なサファリツアーを体験できたのか。それはサファリ&バードウォッチングが好きなタイ人の友人を持ったからです。

f:id:rakbaimai2:20180419004615j:plain
カオソックで遊ぼう

このボートマンも同じく自然好きのいい人。似た者同士が案内してくれるからこのような素敵なツアーになったのだと思います。

本格派&秘境の地ツアーへ参加したいのであれば、彼らのガイドがオススメです。

秘境の癒しポイントへ

自然に川の水がたまるプールポイントへ。

f:id:rakbaimai2:20180419004757j:plain
大自然のカオソック

この時期乾季のため、ロングテールボートの入れる河口付近にボートを停泊させ、しばし歩くことに!

f:id:rakbaimai2:20180419005042j:plain
ボートマン

ジャングル内とあって、河口付近にはたくさんの動物の糞があり、見たことのないようなビッグサイズのものも!きっとバッファローか何かのものでしょう。

f:id:rakbaimai2:20180419005225j:plain
川で過ごす時間

踏まないようにフンを避けながら、目的地のプールへ到着。途中川を横断し、かなり探検モードでした。

f:id:rakbaimai2:20180419005318j:plain
プーケットツアーはしまかぜ案内人

プールには天然の泥があり、みんなパックをして、天然スパ体験です。

ランチはクロンヤーバンブーラフトへ

このカオソックツアーは宿泊費に3食つきなのです。お昼は前日宿泊した宿に戻っていただきます。ランチはチャーハンでした。

f:id:rakbaimai2:20180419005500j:plain
湖で食べるチャーハンはうまい!

そして友人夫妻はなんと南タイのカレーをオーダーしていました。カオソックでいただくとチャーハンも美味しさ倍増です。

f:id:rakbaimai2:20180419005611j:plain
秘境の地

お昼を食べていると先ほどのガーンクルアイがバンブーラフトの対岸へやってきました。象もこちらを見ながらお食事タイムです。

ドイツ人が泳いで対岸に近づいたり、カヤックで野生の象を見に行きました。

カオソックのコンビニエンスストア

ガーンクルアイと別れを告げ、移動です。本日の宿泊地へ行く前に、湖上のスーパーマーケットへ。スーパーマーケットも同様にフローティングです。少なくなった氷やドリンクの補充にきました。

物品は全て港から運ぶので、かなり割高です。全て陸上の1.5倍ほどの価格ですが、今や湖上にいるので、ここでしか購入できません。

スマイリーバンガロー

本日の宿泊地はスマイリーバンガローです。昨日の秘境の地から比べるとカオソックの中でも都会に近いエリアです。

f:id:rakbaimai2:20180419005709j:plain
スマイリーゲストハウス

しかしここでもセクション3の奥地です。コテージからの眺めはとても素敵なスマイリー。

f:id:rakbaimai2:20180419005750j:plain
部屋はこんな感じ

ベースフロートがあり、こちらには飛び込みジャンプ台や、日焼けポイントもあり、リゾート感が漂うフローティングバンガローです。巨大なレストランエリアは居心地が良く、みんなが集えるようになっています。

f:id:rakbaimai2:20180419005908j:plain
カオソックで過ごす3日間ツアー

こちらのスタイルは決まった時間に食事が提供されるので、時間前にスタンバイしていないとすぐに品薄となりますので要注意です!

f:id:rakbaimai2:20180419010004j:plain
ゆったりとした時間

団体のゲストが利用するバンガローで初日の場所とはかなり雰囲気が異なります。設備はとても綺麗です。

f:id:rakbaimai2:20180419010102j:plain
プーケットオプショナルツアーはしまかぜ案内人

また、早朝3時から夕方6時までは停電になります。

明日も早起きでカオソック探検です。

phuketbaimai.hatenablog.com

phuketbaimai.hatenablog.com

最後までお読みいただきありがとうございました。

プーケットでお会い出来る日を楽しみにしております🌴

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人