プーケット人になってしまった僕の娘🍌

家族3人で楽しむ南国生活日記♬

MENU

Shangri-La's Rasa Sentosa Resort and Spa シャングリ・ラ ラサ セントーサ リゾート アンド スパ

f:id:rakbaimai2:20171115122837j:plain
シャングリ・ラ ラサ セントーサ リゾート アンド スパ

数あるブログの中からご覧くださってありがとうございます。

ファミリー向けの5つ星ホテル。セントーサ島に位置し、シンガポール観光には最適なシャングリ・ラ ラサ セントーサ リゾート アンド スパのご紹介です。

目次

1 ロケーション
2 セントーサの立地・周りの施設
3 ホテルの客室
4 お得なパッケージ
5 レストラン
6 プール
7 アクティビティ
8 その他設備

ロケーション

シンガポールで唯一ビーチフロントに位置するホテルです。

f:id:rakbaimai2:20171115120011j:plain
Shangri-La's Rasa Sentosa Resort and Spa

市内から車で15分とアクセスには便利なロケーション、シンガポールの中心部から離れていません。そして、こちらのリゾートはセントーサ島内に位置するホテルなので、家族連れ、お子様には最適なリゾートです。

セントーサの立地・周りの施設

セントーサ内には東南アジア初のユニバーサルスタジオ、シー・アクアリウム、アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク、キッザニアシンガポールなどのレジャー施設をはじめ、数々のアクティビティ施設が点在しています。

f:id:rakbaimai2:20171115120449j:plain
ビーチトラム

無料のバスサービス、ビーチトラムがあり、セントーサ内の移動にも便利です。シロッコポイント駅に所在しており、シンガポール・ケーブルカー(セントーサ島内のロープウェイ)の駅に隣接しています。ホテルからセントーサのマーライオンプラザまでケーブルカーを利用して移動することも可能です。

f:id:rakbaimai2:20171115120235j:plain
ユニバーサルスタジオシンガポール

ホテルからユニバーサルスタジオ、シー・アクアリウム、アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークへのアクセスは無料循環パスに乗って約10〜15分の移動です。バスは約15分間隔で運行しています。

ホテルの客室

客室のカテゴリーはスーペリアルーム、デラックスルーム、パノラミックルーム、テラスルーム、スイートルームのカテゴリーに分かれています。

スポンサーサイトリンク


ガーデン、シービュ—ルーム、プールビュールームは西側のプールサイド、ビーチ側のお部屋となります。ヒルビューは東側サイドのお部屋となり、プールや海の景色は望めません。各カテゴリー間も景色(ガーデン・プール・シービュー)によって若干料金がことなります。ラサ セントーサはリゾートタイプのホテルとなり、ホライズンクラブのカテゴリーはありません。そういった面からもビジネスでの利用は少なく、利用者の多くが家族連れです。

f:id:rakbaimai2:20171115113500j:plain
デラックスシービュー

今回我が家が利用したのはデラックスプールビューのお部屋。デラックスルームの中でも大きなバルコニーが付くタイプの客室で、エキストラベッドを入れることができる客室です。

f:id:rakbaimai2:20171115114140j:plain
ソファーベット

今回エキストラベッド込みのファミリーファンパッケージを利用しての宿泊となったため、こちらのデラックスプールビューの客室が適用となっていたため、利用しました。

f:id:rakbaimai2:20171115114011j:plain
エキストラベット

バルコニーが広く、部屋自体も使いやすい広さで、エキストラベッドを入れても快適な部屋でした。エキストラベッドはソファベッドとなっていて、チェックイン時はソファで設置、夜のターニングサービス時にベッドに変わっていました。その後はずっとベッドのままです。

f:id:rakbaimai2:20171115120705j:plain
バルコニーからの眺め

シービュールームはプールビュールームの高層階に位置しますが、通常のバルコニーのサイズなので、家族連れにはプールビュータイプがおすすめですね。大人の夫婦で宿泊するには客室からガーデンに直接出ることのできるデラックスガーデンルームもおススメです。

お得なパッケージ

シャングリラでは様々なパッケージが販売されています。今回利用したのはファミリーファンパッケージというプランで、子供2名までのエキストラベッド、朝食・夕食が含まれているお得なパッケージです。部屋のみ+エキストラベッドの料金を考えると、こちらのパッケージの方がお得になったため利用しました。 

そのほか1日1時間までマリンアクティビティの利用が可能です。時間がなく、利用をしませんでしたがキッズクラブ内の滑り台も滞在期間中に一度体験可能です。

我が家は2017年10月15日〜19日の4泊5日の滞在
1泊 SGD455++
合計 SGD2142 約18万円

レストラン

リゾート内には6つのレストランがあります。キャセロール、シルバーシェルカフェ、8ヌードルズ、ザ・バブルバー、ビーチバー、トラピッツァです。

f:id:rakbaimai2:20171115115610j:plain
レストラン

ファミリーファンパッケージでの朝食・夕食はシルバーシェルカフェを利用します。朝・夕ともにブッフェスタイルとなり、ファミリーファンパッケージに限っては夕食時、ワイン、ビール、ソフトドリンクの飲み放題付となります。もちろん頼めるドリンクの種類に制限はあります。

f:id:rakbaimai2:20171115115723j:plain
夕食ビュッフェディナー

夕食のブッフェは曜日ごとにテーマが変わるので、内容も毎日変化があります。

f:id:rakbaimai2:20171115120949j:plain
ビュッフェディナー

子供向けのコーナーもあるので、小さなお子様でも自分で取りやすいように工夫されているのが親としては嬉しい点です。大人向けのブッフェだと台が高くて子供では届かないものが多いのですが、キッズコーナーは娘が単独で取りに行けるので本人も喜んでいました。

キャセロッテ、8ヌードルズはシルバーシェルカフェに併設されているレストランとなり、アラカルトオーダーのレストランとなります。8ヌードルズはカジュアルなタイプのレストランで家族連れに利用しやすいアジアのヌードルメニューを提供しています。

プールに併設している、シロソ・ビーチ・バーではカジュアルなメニューを扱っていて、プールを利用しながら軽食を楽しめます。本格的な焼き窯で焼いたピザを楽しめます。シロソビーチに面しているので、海水浴を楽しみながら利用も可能です。

プール

リゾートタイプのホテルとあって、プールは重要なポイントをしめます。

f:id:rakbaimai2:20171115114606j:plain
Shangri-laプール

2017年初めに利用した、シャングリ・ラ・タンジュンアルリゾートのプールも素敵でしたら、当リゾートのプールも文句なしです。

f:id:rakbaimai2:20171115121541j:plain
子供用プール

子供用のエリアが充実していることが家族連れには高ポイントです。子供用のウォータースライドが3本、赤ちゃんでも利用できるウォータープレイゾーンがあり、スライドには常にライフガードのお兄さんがいて子供と遊びながら安全アンリをしてくれます。

f:id:rakbaimai2:20171115121328j:plain
プールスタッフ

シャングリラのスゴイところは、プールのライフガード&スタッフが優秀なのです。プールスタッフに力を入れているので、子連れ旅行にはイチ押しのホテルと言えます。

大人用のプールもオシャレで、大人プールに併設して浅いエリアもあります。プールの大部分を子供も利用できるようになっています。

アクティビティ

リゾートタイプのホテルなので、キッズクラブがとても充実しています。キッズクラブの他、誰でも参加可能なデイリーアクティビティが日々開催されています。

f:id:rakbaimai2:20171115114924j:plain
キッズルーム

大人も子供も楽しめるホテルです。デイリーアクティビティを見るとキッズクラブでは朝09:30から夜21:00まで5歳〜12歳までのお子様を預かってくれます。食事込みの半日が15ドル、前日は25ドルとなります。そして、我が家が利用したファミリーファンパッケージには、このトーツクラブ(キッズクラブ)の利用料が無料となります。

当初はキッズクラブに入る予定でしたが、リゾート内のプールがあまりにも充実していて、プール内の子供むけウォータースライドや、プールアクティビティに参加をしていたら、ト—ツクラブに入る時間が無くなってしまいました。

f:id:rakbaimai2:20171115115151j:plain
アクティビティーも充実

またシロソビーチのウォーターアクティビティも利用可能です。カヤックスタンドアップパドルボード、足漕ぎボートが12ドルからレンタルしていますが、ファミリーファンパッケージだと1日1時間まで無料です。

その他設備

長期利用者向けに便利なサービスが低層の各階にコインランドリーがあります。乾燥機付きで20ドル、2,3日分の洗濯をまとめて洗うことができます。

f:id:rakbaimai2:20171115113252j:plain
ランドリー

洗濯洗剤込みなので、日本から持っていく必要はありません。約80分で洗濯&乾燥が完了します。

そのほか、ホテル内にはショップもあります。ホテル内の設備ではありませんが、ホテルすぐ隣のシンガポール・ケーブルカーの駅下にはセブンイレブンがあり、食べ物、飲み物、簡単な必需品は購入可能です。

お買い物と言えば、ホテルからセントーサ島の入り口、Vivo City(ショッピングモール)まで約30分おきに循環シャトルバスが出ていますので、ショッピング、食事等も無料シャトルバスを利用して利用が可能です。

f:id:rakbaimai2:20171115123628j:plain
ランニングコース

ランナーにおススメしたいのが早朝のセントーサ内のランニングコースです。シロソビーチの最も西に位置するシャングリラからビーチ沿いに東のパラワンビーチへ向かう約2.5キロのビーチロードは朝のジョギングに最適です。

シャングリ・ラ ラサ セントーサ リゾート アンド スパのまとめ

家族で利用するにはとても快適です。
特にセントーサメインで行動を考えている方にはイチオシします。

スタッフの感じのよさもさすがシャングリラと言えると思います。ホテルスタッフが特に素晴らしかったです。レストランに関しては混雑する日は多少慌ただしさ、スタッフが少ないのではと感じる場面もありましたが、のんびり休暇を楽しみには全く問題ない程度かと思います。我が家では、是非また泊まりたいホテルのカテゴリーに入ります。

phuketbaimai.hatenablog.com

phuketbaimai.hatenablog.com

最後までお読みいただきありがとうございました。

プーケットでお会い出来る日を楽しみにしております🌴

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人