プーケット人になってしまった僕の娘🍌

家族3人で楽しむ南国生活日記♬

MENU

マーライオンパーク Merlion park

f:id:rakbaimai2:20180106123431j:plain
シンガポール旅行マーライオン

シンガポールというとまず第一に思い浮かぶのがこのマーライオンです。

体は魚と顔はライオンの像です。お土産の定番チョコレートでもよく見かけるあのライオンの像ですね。シンガポールに訪れたのであれば、是非マーライオンと記念写真を撮りたいスポット。

やっぱりマーライオンパーク

マーライオンに会える場所として、最も有名な場所がここ、マーライオンパークです。マーライオンパーク内にはマリーナベイサンズに向かって水を吹き出す大きなマーライオンと、そのマーライオンの背後に小さなマーライオンがいます。

f:id:rakbaimai2:20180106123518j:plain
マーライオン

大きなマーライオンは大人気ですが、小さなマーライオンは意外と穴場?皆さん大きなマーライオンに気を取られて小さなマーライオンは見過ごされている場合が多いような気がします。そもそも、大マーライオンが大変人気で混雑する為、正面からしっかり記念撮影ができるよう作られたのです。

f:id:rakbaimai2:20180106123622j:plain

でもせっかく写真を撮るのであればやっぱり大マーライオンがよいですよね?!マーライオンの水を口でキャッチ!手でキャッチ!思い思いの姿で写真を撮りましょう!

f:id:rakbaimai2:20180106124831j:plain

マーライオンの周り常に人だかりです。マーライオンと自分だけを綺麗に撮ろうとするのは至難の業!よほど早朝でもない限り難しそうです。

マーライオンがホテルに大変身

以前はプロモーションの一環で大マーライオンの周りに囲いを作りホテルとして特別営業しているということもありました。

スポンサーサイトリンク


ベッドの頭の上にマーライオンがいたら驚きですよね?!もちろん、ホテル営業中は外部の者は一切大マーライオンを見ることはできません。

メンテナンス期間はご注意ください!

こんな大人気なマーライオンですが、なんと頻繁にメンテナンスが入るそうです。目安として1年に1ヶ月ほどは囲いに覆われて記念写真が取れない時期があります。

せっかくの旅行がこの期間にぶつかってしまうとかなりのショックを受けますよね。ですので、シンガポール旅行の前はマーライオン情報には敏感でいましょう。

夜もおススメ!

夜になるとマリーナベイサンズで光と音のショーがはじまります。夜景に輝きながら、1日中ひたすら水を吹き出しているマーライオンはキラキラ輝いてこれまた素敵です。

f:id:rakbaimai2:20180106123804j:plain

昼間だけでなく、夜も見ものなので、時間のある方は是非訪れてください。

シンガポールに何体いる?

よくシンガポールにいったい何体のマーライオンがいるのだ?!と取り上げられていますが、我が家は3体のマーライオンに会いました。ここマリーナベイサンズとセントーサ島内のマーライオンタワーです。その他にも数体シンガポールにはマーライオンがいます。この3体が最も有名なマーライオンです。

なぜかシンガポールにいるとマーライオンの魅力に惹きつけられます。マーライオングッズのお土産もしっかり購入しました。次回はいつ会えるかなマーライオン

phuketbaimai.hatenablog.com

phuketbaimai.hatenablog.com

phuketbaimai.hatenablog.com

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人